VITALSPIRIT

INFO

Lemans やっぱりコイツが好きだ・・裏タイトル「CBRの娘」

2019.11.07

11月5日

今日は昼から週末のツーリングの下見に行く。

ルートに不安があるのと峠の気温を調べたい、夜露の濡れ方を見ときたい。

早朝から山間部、湿った路面じゃ最悪だ。

(じゃあ、早朝からチェックしろよな!なんてツッコミが入れられそうだけど・・イカないよりはマシだろう。と、自己完結!)

早速久留米インターより高速に乗り、益城まで移動

今日はのんびり行こうなんて考えながら走行車線の流れにのって行く・・

走行車線に入り際にライトスイッチをONにする。

最新のLEDを装備したLemansのライト

ノーマルの古めかしいレンズカットを誇らしげに先行車のボディに写して出している。

右手をひねり前のトレーラーを抜くついでにその前の観光バスも抜く

チラリ見えるウインドガラスの人影は自意識過剰の世界に誘いこむ・・

いつの間にかいつものペースになっている。

そのスピードはメーターを見なくともグリップを抑える手先と足先に感じるステップからの振動で分かる・・

それはビーンと言う高周波で伝わってくる。

制限速度を超える辺りから時折過ぎる路面の継ぎ目

コツ・コツと伝わるサスの動きはいつの間にかゴン、ゴンと車体に響き・・

今はドンッ・ドンッと衝撃となり激しく突き上げてくる

そのたびに身体は瞬時に腰を浮かし車体を力強くホールドしている。

(Rサスはオーリンズを奢(おご)っても古い車体とバネ下の重いホイルじゃ快適な乗り心地は望めないしね)

タコメーターの針は5000回転を超え5500回転強で震えている・・

スピードは100Km+ハーフ程

 

ライディングに集中はしているが意外に空いている高速は気分のいい走りを満喫させてくれる。

Lemansもノリの良い加速で気持ちよく走っている

「やっぱりコイツはこの自由さが好きなんだよな」・・「ヘヘッ!」ちょっとニヤけてくる。

 

菊水を過ぎ植木の手前、見通しの良い直線で開けた景色の左に遠く、

激しく噴煙をあげる阿蘇山が見える。

「オー阿蘇、お前も気合が入ってるな~!」・・・語りかける様な独り言をヘルメットの中で呟いている

装備は冬装備、首もとを走る風は少し冷たいが我慢出来ないほどでは無い。

それでも腕時計を見るのに一折捲った左袖からは今日の寒さを押し付けてくる。

「負けちゃいねーよ」気持ちアクセルを握り直す・・

だが最近は30分と立たない内に手が痺れてくる、麻痺して感覚がなくなってくるんだ。

手を離して感覚を戻そうとするがジンジンと痺れが伝わるだけ・・悲し~ィ。

全く情けない、歳だ・衰えだ!

(まあ、コレが現実・・・上手に付き合うしか無いのかな、泣けてくる・・!!)

 

予測の時間通り益城を降り予定のコンビニに到着

タイム計測とナビ・地図の準備をして予定のコースをチェックする。

これから本コースマミコウロードヘ向かう。

マミコウロード 益城側入り口

 

「マミコウロード」 空いていて楽しい農道、オススメの抜け道だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

峠を抜け美里町・甲佐町と県道を調べ八代・球磨川まで足を伸ばす。

一通り調べも付いたところで折り返し、いい時間になってきた。

帰りマミコウロードの山間峠辺りでは幾分気温も下がり風が冷たくなってくる。

道脇でトイレついでに準備してきたクリアシールドに交換、

ネックウォーマを付け頬廻りまで持ち上げあご紐で止め、

「よっシャ!」と小さくつぶやき気を引き締めて走りだす

美里を抜け益城に向かって程良いペースでコーナーを抜けていく・・

気が付くと日は落ちてライトの光源が路面に映りだす・・夜の気配が漂っている

なんとか暗くなる前にマミコウロードを走り終え、農道よりバイパスに入り益城インターに向かう。

バイパスは街の喧騒のようにテールライトとヘッドライトが行き交い混み合っている

交差点に並ぶ車に急に入り込んだバイクを異物の様に無視して流れが続く。

インターより高速に乗る予定を変え、迂回(予備の)コースに植木インターまで下見する事にした。

時間にして一時間ほどの経費節約追加コースだ。

国道と県道繋いでの抜け道だが古い街道で道幅が狭く意外に混んでいて走りにくい。

最終の下道としてはかなり疲れそうで使えない・・「こりゃ、ダメだ・・」つい愚痴ってしまう。

混み合うこの時間帯は苦手だ縦横無尽に・すり抜け・で走り切りきり、逃げる様に高速に乗る。

 

帰りの高速・・夜だというのにやはりいつものスピードレンジになってしまう。

何なんだろう・・?ついついスピードを上げるこの乗り方は・・・

コレが俺の生き様なのか?

そんなことを考えながら夜の帳(とばり)が降りた高速道路をひた走る

同じ姿勢の高速移動・・若い時ほど勢いがない今の身体・・さすがに寒さが堪えてきた。

(せっかくだから使わなきゃ・・タンクバックに詰め込んだダウンのベストと防寒グローブ!)

 

 

玉名サービス二輪駐車スペースでの出来事

 

いつもの玉名サービスエリア、二輪駐車場へ滑り込み。

スグサマ装備を引っ張り出し、ナビを設定していると真横に白のCBR600Rが駐車して来た。

ちゃんと程良い装備若いライダーだ。

あまりに近いので思わず声をかける

「寒いね!」(日頃、余り声は掛けないのだが・・)

帰ってきた返事が甲高かった

「はい、寒いですね!」

うン?女の娘?

(CBR上手く乗れて、でシャキッと背丈もある。

てっきり男だと思って声をかけたけれど・‥まさか女性だとは!)

外したヘルメットから現れたのは笑顔の綺麗な女の子だった。

 

そそくさと動いている後ろ姿、スッと伸びたライディングパンツの裾からチラリと見えたショートブーツ

「ありゃ♪」ぐっと足元を差し出し

「ねえ、ほら」・「ねえ、ホレ!」と後ろから二度大きく声をかける

振り向きザマに俺の足元を見て

「あー、一緒だ!クシタニのブーツ」

ぐっと無防備に近寄りブーツを並べて比べてみる

「一緒だ!」また喜んでいる・・

(偶然にも俺と同じ、クシタニのガルドシューズ・ライディングパンツまで一緒クシタニだ

「俺のは20年以上前の型だよ!」

「でも私のより綺麗、埃かぶってない!私のの方が汚れている・・!」

足を突き出し、横にしたり、つま先同士にしたりと楽しく比べている

楽しい会話は続く

「帰りですか?」

「うん、週末のツーリングの下見の帰り」

「すごいですね・・このバイク」

「イタリヤの古いバイクだよ・・ずーっと昔のバイク」

「でもすごいバイク、見てるだけで凄いの分かる、凄い!!」

(この娘、オジサンの喜ばせ方判ってるな・・・(^;^))

分りやすい仕草でナンバーを確認して「熊本から?」「はい」

(本当はとっくにナンバーはチェックしてたんだけど・・雰囲気的に今気づいた方が良いのかな?なーんてね)

「これからドコ行くの?」

「福岡に夜景を見に行くんです」

「一人で?」

「はい!埠頭の方に行こうと思ってるんです」

「福岡の夜景って綺麗でしょ!」

「判ってるね~」

「オシャレだね」「お洒落でしょー!」「んッ♥」

「気をつけてね」

「じゃ、気をつけて下さいね♥」 

笑顔を残して売店の方へ去っていった。

何気ない会話残る余韻・・こんな意外な、偶然な出会いがあるもんだな・・

少し後ろ髪を引かれつつ・・なぜかウキウキした気持ちで夜の高速の流れに飲まれていった。

流れる車のテールランプが暴れるようにアクセルは開いていた。

心は晴れ晴れとして自分が嬉しい・

 

追加資料 :ジジイの観察記

玉名サービスエリア:名物「玉名の焼きそば」

ココの「焼きそば」は美味い!

(昔まだ二百何十円かで食べれる頃からファンだ、いつも素通りが出来ない)

 

CBR600Rの女の娘

歳は二十代半ば・・スレンダーな背丈の女の子。

 

とにかく、こんな娘がバイク乗る??と言うのが正直な感想だった!