VITALSPIRIT

INFO

V11 ミッションケースのオイル漏れ

2020.07.06

V11後期MODEL ミッションケースのオイル漏れ修理。

このシリーズのMODELは少なからずこの場所(ミッションケースの結合部)からのオイル漏れがあります。

フレーム剛性を上げる為の補強が結合部に負担をかけているのか元々製造組み立て時の精度が悪いのか・・・

早速、外装取り外しに掛かります

 

この辺りから漏れてます・・

 

漏れはこの奥の結合部ですね

 

車体を浮かしてエンジン取り外し

 

降ろしたてのエンジン・・(^O^/

 

ミッションケース分離して・・

 

これから分解

後部カバーから取り外し

各軸受けが見える

 

 

チェンジリンケージを分解

これでケースのすべてが分解・・

ミッション各ギヤ・オイルシール類を点検、洗浄して組付け工程です。

 

結合部をきれいに面取りして組み立て

クラッチプッシュロッドのオイルシールは交換

ケースを組付けて・・

 

後日に続く・・

7/9 ミッションを組付け出来上がり

 

点検してエンジンに組付け・・                                                     

これから車体に組付けます・・

無事、組付け完了!                                      

 

違う角度から                                   

ほぼ完成あとマフラーを付けるだけの状態

追加でヘッド廻りの調整を・・

ヘッドスタッドの増し締め、タペットのクリアランス調整

 

 

まずはヘッドの点検を

 

調整も終わり奇麗になったヘッド

 

タペットはかなりクリアランスが狂っていて調整。

ステムアタリ面の荒れも面研、奇麗に・・

ピックアップもスムーズ(タペット音も消え)になりました。

 

 

 

 

 

 

1000S計画・・なんとか進行中

2020.05.22

カルフォルニア1000S計画・・・少しずつですが進んでいます。

現在までの作業概略は

センタースタンドの角度変更とフックステー製作

フレームの基本ステーの変更

Rサス取付位置の変更

サイドカバー取付ステー・Rフェンダーステー

シート取付ステー

タンク固定ステーの位置変更・製作

ステアリングダンパーステー

最大の難関はスイングアームのサイズ変更(コレは手に負えないので専門店に依頼)

フォークも完成、ボトムケースが仲々良い仕上がり

分解前のホイル・・ひどい状態

分解時のディスク、ピンクリップ・スプリングは新品に

メッキも仕上がり、パーツも新品に

 

 

 

 

 

 

 

ホイルも仕上がり、当時の雰囲気再現!

デイスクもあえて無地のメッキ仕上げ「渋い!」

 

加工前・・カルフォルニアのスタンド

スタンドの捻りとステーの製作、コレで1000S用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切断中のスイングアーム

左 カルフォルニア用    右 1000S用

加工後・・1000Sと同じ寸法に!

加工は専門店に依頼ましたが・・上手い!

溶接も綺麗・・純正並み

このタイヤよけの凹みも・・巧みな加工の腕前

 

仮組して各ステーの寸法取り・・

シートヒンジがサイドカバーに干渉する、要加工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

フレーム側インナーフェンダーが入手不可の為、製作

溶接前のフレームステーの一部

カルフォルニアより前移動したRサス上側取付

 

問題を解決しながら何とかフレーム関係は仕上がり

 

塗装準備のフレーム・各パーツ

これから塗装です。

薄い皮膜でも非常に固く塗膜性能・耐薬品性に強いRXコートを指定、仕上がりはシャキッ!としている。

施工は信頼でお馴染みのメタルコーティング ランナーhttp://runner-n2.com/でお願いしています。

(この塗装を使うと「RXコート、コレでなきゃダメ!」になる)

・・・次項に続く・・・

まだ色々問題は出てきているのですが・・進んでいます。

五月連休のお休み

2020.04.30

五月の連休は3日より6日までお休みします。

7日より営業、よろしくお願いします。

1 2 3 4 5 46