VITALSPIRIT

INFO 店長ナルシストの世界

カブ旅

2017.12.13

12月12日 曇り 極寒

今日は休み、朝からカブツーリングの下見に行く事にした。

小耳に挟んだ荒尾市(熊本県)の「高専ダゴ」と言う店、お好み焼きが旨いらしい・・

冬旅装備のカブC90

食べ物に卑しい俺としては下見がてらツーリング!と思い立つ。

距離にして約50km弱、県道・田舎道をつないで1時間20分の距離。

ビギナーを含めてのカブツーとしてはほど良い距離感だ。

(特に車種制限は無いので厳密には原付きツーリングと言えるが)

今日は今年一番の冷え込み。

久しぶりに耐寒ツーリング、寒い時こそバイク乗りの本領発揮だ。

だてに歳は重ねていなさ、こういう時こそ経験が物を云うんだ・・。

「望むところだ!」なーんて意気込んで装備を整える。

「爺の底力を見せてやる!」

(誰にだろうね・・・?(^. ^”/)

カブには防寒対策仕様のナックルガード装備

(実際はハンドルカバーの方が暖かいんだけど・・どうもイマイチ格好が悪い)

非常時用に予備の燃料をドリンクボトルに入れキャリヤに積み、

念の為に極寒用グローブとカッパをサイドバックに詰め込む。

準備万端「抜かりはない」自己満悦

さっそうと飛び出したは良いがモノノ10分もたたない内に指先が冷たくなる

(ナックルガードに慢心して薄めの防寒グローブが悔やまれる)

積み込んできた極寒用グローブにはめ換えるタイミングを掴めず勢いのまま走り続ける

指先はすでに痛さを通り越し感覚が無くなっている

ただ淡々と走る・・・

街道を外れ山裾に入ると小雪がシールドに当たりだす・・パラパラ、コツコツと嫌味な音を立てる。

気温はマイナスだろう・・休憩をして温かいコーヒーでも飲みたいがコンビニすら見当たらない。

もう自棄だ、意地でも走りきってやる。

諦め気分で工程を半分も過ぎてくると走りのリズムは単調になっている。

あと10km、あと8Km・・5kmとまるでカウンターが進んでいく様に距離をこなしている

ジワジワと染みてくる寒さ増す苦痛は確実にしかも淡々とお好み焼きへと近づいてゆく証し・・

耐える事への怒りがスピードを維持する

叫ぶ!

「腹減ってきたぞ~!」

冷たく激しい風に押し消され虚しい独り言のようにヘルメットの中に響く。

それは到着点での至福の満足「お好み焼き」へと完結する・・・

と、まぁ耐えて苦労して、食べたお好みやきは旨かったと言う事!

何ーンて事はないね・・・おしまい。

*「カブツー 高専ダゴ行き」は近日実行しまーす。

 

独り言・・・「泣けるぜ・・1100Sport R」

2017.11.09

9月30日土曜日 オートポリス

久しぶりに来た・・・嬉しいやら怖いやら複雑な気持ちでゲートを潜りパドックに向かう。

今日は明日の為にマシンの調子を整え体慣らしを兼ねて軽く走るつもりだ。

ピット前に車を止め・・思い出したように手慣れた作業で準備を済ませる。

 

気持ちを引き締める様に装備を身につけ早速とコースに出て行く。

ピットロードから加速気味にコースへ入る。

手を上げコースインの合図、そのままコース端を走る。

タイヤの接地感に敏感になりながら第一コーナー・・かなり緊張している。

少し気負ってるな・・」慎重にペースを上げ自分の走りを見極める。

感覚は意外に思い出せコーナーごとに良いリズムで走れている。

 

一周目・二周目と幾分ペースを上げ流していく・・・感覚と身体はなんとかなりそう。

ブレーキングを詰めコーナーへ、立ち上がりでアクセルを開ける。

さあ、本来の走りに近づけるかな~?

調子を出そうとアクセルを全開!

??」一瞬だが中速域のトルクの落ち込みが有る。

周回を重ねるほどに幾度となく加速が唐突に鈍くなる。

「明日も有る、今日マシンを潰すのはマズイ!

不安に思いながらも取り敢えずピットイン・・

ピットでマシン見つめたまま腕組み・・・・「んーん

燃調?点火系?E/G?

イマイチ原因がわからない。

思いつく所は全て手を入れ、取り敢えずヘッド廻りまでは点検することにした。

 

 

10月1日

結局原因不明のまま当日。

ここまで来たら後戻りできない!」と開き直ってコースイン。

 

完熟走行の一周目が終わり二周目・・恐る恐る走る。

今のところ異常はない・・・

少しずつペースを上げフル加速に持っていく、やはり一瞬失速・ストールする!!

断続的ではあるが点火カット気味に失速する。

なんてこったい!マシンがイカれている

後で気付いたがリヤサスまでオイル漏れ。

情けないやら悔しいやら・・

やはり使ってないと痛むな・・・・泣けるぜ Sport!

 

 

 

 

 

 

独り言・・・1100SPORT Racer

2017.09.25

9/25 月曜日

久々にGUZZIレーサーを引っ張り出した。

今週末、数年ぶりにサーキットを走る。

(普段は公道仕様のツーリング車にしているが殆ど乗らない・・)

 

外装を外した公道仕様の1100SPORT

 

いざ出してみるとやはり当時の華やかさは無く少々クタビレテいて古臭い。

あの時ガムシャラにやってたのにな・・・時は流れているなんて少し寂しくなる。

「まあ今さら始まった事では無いさ!」な~んて、開き直り。

過去の遺物OHVウエポン復活~!!

さあ公道仕様の1100SPORT・車重220Kgをレース仕様・178Kgまで仕上げていく。

メインハーネスを含む余分な保器類を外し

ジェネレーター・セルスターター・メーター・ライトカウルステーなど重量物を取り外す。

作業自体、バイクが余分な物を剥ぎ取られて

どんどん精悍になっていく行程はワクワクして楽しい。

 

レース仕様、ホコリを払って洗車中

後はOIL・タイヤ交換・ブレーキ点検etc.

 

こうして行く内に俺自身サーキットモードに切り替えていく・・

昔は夢中で夜中まで作業していた・‥唯唯楽しくて無心で没頭していた。

ただGUZZIを早く走らせたいだけの思いがそうさせていた。

今の想いはどうだ??・・・・歳も取り、気持も古臭くなってる。

(うえーイヤダ、イヤダ!)

感覚が付いて来るかは気にしない!今は別問題。

(ホントは一番重要でこわいんだけど・・・)

まあ、なんとかなるでしょう~!

ギャーンと行きまっしょ”!

 

 

お知らせ

GUZZIレーサーの走り(もがき苦しむ走りっぷり)に

興味のある方は9/30(土曜)・10/1(日曜)両日・オートポリス・に見学にどうぞー!

 

※レース仕様1100SPORT仕上記は走行記も兼ねて後日掲載します・・

1 2 3 4 5 6