VITALSPIRIT

INFO 店長ナルシストの世界

ふるさとで出逢ったマグナ50

2018.03.16

先週用事で故郷の延岡市に帰った。

年齢を重ねてくると色々と私事の雑用が増えてくる。

移動の足に便利な愛用カブを持って帰った。

朝、走り始めてすぐに先の信号でマグナ50が見える・・

あまり上手ではなさそうな後ろ姿に小柄な年配ライダーと判断した。

気にも止めず右折の際に抜いた・・次の信号で停車。

そのマグナ50が横に並び「久留米から来たと?」と急に声をかけられた。

一瞬返答に詰まる・・

「いや車に積んで、です!」と答える。

「今度、コイツ(マグナ50)で福岡まで行こうと思っとる」

「お~、結構な旅になりますね・・(つい微笑む、なんか同じ匂いを感じてしまった)今は道も良くなってますけどね」

(ここから福岡までは片道200KM強の距離!大型車でもちゃんとしたツーリングの域だ)

「コイツ(マグナ50)30Kmだ!そいつ(カブ90)はいいな~60くらいで行けるだろ?」

「でも40Km位は大丈夫じゃないんですかー?」

「そうだな」

「でも上り坂ばかりだとキツイですね」

「そう!」

信号が変わる、お互いに「じゃ、気をつけて!」と別れた。

たった数十秒の出会いと別れ・・ソノ何気ない会話の余韻がのこる・・・

信号をスタート、ローからセカンドに入れいつもよりアクセルを開けてる俺がいる。

清々しい風を切っている十代の頃の俺がいる。

何故かワクワクして嬉しさがこみ上げてくる懐かしい感情

3月のまだ少し冷たい風を感じながらアクセルはトップギアのまま開け続けている・・・。

今日がとても良い日に思える朝だった。

奇遇にも目的地が同じだったマグナ50、歩道に駐車していたのをパシャリ!

 

よく日焼けした黒い顔に無精髭、アドケナイ少年の様な笑顔の爺さんライダー・・

俺もあんな爺さんになりたい、あんな気持を持ち続けていたい!

 

でも調子に乗って飛ばし過ぎ、危うく目的地の市役所を通り過ぎるところだった・・・ヘヘ。

 

独り言・・・「まだまだ未熟な溶接」

2018.02.04

最近溶接の仕事が多い。

元々余り上手く無いので近頃は練習がてら小物・ステー類を作っていた。

段々要領が摑めてくると余計に自分の下手さ加減が解ってくる・・

うまく仕上げれば仕上げるほど違いが分かってくる

まだまだ満足のいく仕事は出来ないな~中々到達できない匠の世界。

「こりゃーまだまだ先が長い当分見習い、修行の身だ!」

あ~ぁ生涯、修行!かもな・・・・

て、な事 考えながらモトラのチェンジガードを作った。

最近モトラのレストアに夢中なお客さんからの依頼

意外に手こずって大変だった

これも勉強なんて変に悟っちゃったりして・・・仕事です

 

試作を重ねてデザインを決定 

あとはブラックメッキで完成!

カブ旅

2017.12.13

12月12日 曇り 極寒

今日は休み、朝からカブツーリングの下見に行く事にした。

小耳に挟んだ荒尾市(熊本県)の「高専ダゴ」と言う店、お好み焼きが旨いらしい・・

冬旅装備のカブC90

食べ物に卑しい俺としては下見がてらツーリング!と思い立つ。

距離にして約50km弱、県道・田舎道をつないで1時間20分の距離。

ビギナーを含めてのカブツーとしてはほど良い距離感だ。

(特に車種制限は無いので厳密には原付きツーリングと言えるが)

今日は今年一番の冷え込み。

久しぶりに耐寒ツーリング、寒い時こそバイク乗りの本領発揮だ。

だてに歳は重ねていなさ、こういう時こそ経験が物を云うんだ・・。

「望むところだ!」なーんて意気込んで装備を整える。

「爺の底力を見せてやる!」

(誰にだろうね・・・?(^. ^”/)

カブには防寒対策仕様のナックルガード装備

(実際はハンドルカバーの方が暖かいんだけど・・どうもイマイチ格好が悪い)

非常時用に予備の燃料をドリンクボトルに入れキャリヤに積み、

念の為に極寒用グローブとカッパをサイドバックに詰め込む。

準備万端「抜かりはない」自己満悦

さっそうと飛び出したは良いがモノノ10分もたたない内に指先が冷たくなる

(ナックルガードに慢心して薄めの防寒グローブが悔やまれる)

積み込んできた極寒用グローブにはめ換えるタイミングを掴めず勢いのまま走り続ける

指先はすでに痛さを通り越し感覚が無くなっている

ただ淡々と走る・・・

街道を外れ山裾に入ると小雪がシールドに当たりだす・・パラパラ、コツコツと嫌味な音を立てる。

気温はマイナスだろう・・休憩をして温かいコーヒーでも飲みたいがコンビニすら見当たらない。

もう自棄だ、意地でも走りきってやる。

諦め気分で工程を半分も過ぎてくると走りのリズムは単調になっている。

あと10km、あと8Km・・5kmとまるでカウンターが進んでいく様に距離をこなしている

ジワジワと染みてくる寒さ増す苦痛は確実にしかも淡々とお好み焼きへと近づいてゆく証し・・

耐える事への怒りがスピードを維持する

叫ぶ!

「腹減ってきたぞ~!」

冷たく激しい風に押し消され虚しい独り言のようにヘルメットの中に響く。

それは到着点での至福の満足「お好み焼き」へと完結する・・・

と、まぁ耐えて苦労して、食べたお好みやきは旨かったと言う事!

何ーンて事はないね・・・おしまい。

*「カブツー 高専ダゴ行き」は近日実行しまーす。

 

1 2 3 4 5 6 7 8