VITALSPIRIT

INFO 修理・カスタム

LemansⅢ「再生記」 最終章

2017.06.30

LemansⅢ 6月中になんとか最終章に辿り着きました。

 

最終調整に入りエンジン・キャブ調整・駆動チェックの段階でリヤデフのオイル漏れが発覚

早速リヤホイルを外してみるとやはりオイルシールよりオイル漏れ、外側でよかったけれど・・

内側だとデフ分解、重整備になるところでした。

取り敢えずオイルシール交換・点火系コイル等を交換して完成。

 

 

デフのオイル漏れ発覚

接触部のサビが酷い

錆取り完了

オイルシール取付完了

点火系・コイルはダイナ製の換装

車体廻りを再点検して後は車検準備です。

納車後走りだしてから色んな不具合が浮き彫りになると思います。

これからの再調整と手直しが大事です。

 

組み上げ完了

 

車両は車検後無事にオーナー様に納車

これからまだまだプランがあるそうです。

現状より、より良い車両に仕上がっていくと思います。

又機会があれば掲載したいと思います・・・では

 

LemansⅢ 再生記 今回これで完了。

 

 

LemansⅢ「再生記」続き・・ ブレーキ周りとマフラーの錆取り

2017.06.17

6月16日 本日の作業

メッシュホース取り付けとサイレンサーの錆取り

メッシュホースはフィッティングカシメ部分のコーティングをします。

この作業でキャリパー部分が綺麗にシャキッと見える。

ちょっとした加工だがこんな気遣いが大事かなと思う・・・(^ ^\

ヒートチューブを取り付ける

熱を加えてコーティング

仕上り・・見栄え良くかな?

 

 

 

 

 

 

サイレンサーのサビは酷く薬剤につけて除去

 

全体的に錆が発生

かなり根深く酷い

 

 

 

 

 

 

綺麗に処理済み

耐熱ペイント処理

サビを落として耐熱ペイントで処理して

後は磨くだけ・・で仕上げ

これで錆が再発したら最終的に再メッキですね!

 

 

 

 

 

本日ここまで

次回は点火系に進みます。

LemansⅢ「再生記」 エンジン組付

2017.06.15

6月14日 フライホイル 仕上り!

 

ノーマルの20%軽量化

でも今までの軽量化より約200gほど重くした。

なぜかって?

よりGUZZIらしい楽しくなる乗り味を出したいから・・!

 

今回は従来より200g重い軽量フライホイル

穴径で重さを調整、勿論バランスも取って・・

実はメッキも掛けたかったけど・・予算の関係もあるしね・・(^

 

 

たった200gで違うのか?

GUZZI(特にLemansⅢ・Le1000)の場合はね!

20%付近の100g単位の軽量化はかなりエンジン特性に変化が出ます。

850(Ⅲ)には200gの追加がベスト!楽しい乗り味だと思います。

Le1000はもう少し重い方がオススメ・・・次回詳しく掲載。

 

エンジンに組付

クラッチを組んでアウターを組み付け

ミッション付けてE/G出来上がり

フレーム乗せてキャブ付けて足付けて・・の状態

 

本日、ここまで!

明日はブレーキラインのステンメッシュ化の予定です。

1 2 3 4 5 6 7 8