VITALSPIRIT

INFO 修理・カスタム

LemansⅢ ちょっとキャリパー再生・・!

2017.06.05

LemansⅢ  6月2日現在

フライホイル加工中で作業中断

今の間にブレーキキャリパーを分解する事に

かなり腐食していて、なんとか壊さずにバラしてみたものの・・・

痛みは進んでいる。

なんとか壊さずに分解

フル分解のキャリパー

キャリパーの一夜漬け・・・(^o^)/

明日は洗浄して点検・修正組付の予定

6月4日 キャリパーの組付

作動部分を綺麗に面研してシール・キャリパー シリコングリスを施し

組付。

見違えるように蘇ったキャリパー

パットは4角面を面研、耐熱パットグリスを塗る

ここまで綺麗になったら・・この際腐食したドレンボルトも新品に交換!

 

再生、綺麗になったキャリパー

角を面研して耐熱パットグリスを塗って組付

 

ドレンボルトの画像!

ドレンボルトはサビサビ!貴重なニッケルメッキ、純正部品で交換(このゴムキャップがいいよね)

5月末現在のXR250Rの修理

2017.06.02

XR250Rの修理

ウインカーの配線は引き直し

宙ぶらりんの補器は専用ステーを作って固定

これでメーター周りはスッキリ

乱雑な現状のメーター周り

配線手直し、ステー製作で仕上り

現在車体は殆ど仕上り、追加のタンクマーク入荷待ち・・・

頓挫中のLemans1000レストア

2017.06.02

時間が出来たので少し進行しています

O/Hで綺麗になったキャブと塗装上がりのヘッドカバーの取付

やはり純正濃紺が似合う、ボルトも敢えて黒(当時の純正色)

 

 

キャブ取付

使えなったステムロックも入換・O/H済みキャブ、ネジ類も

綺麗になって取付

最後に仕上がってきた純正カラーボトムケース

勿論パウダー塗装

純正色レッドのパウダー塗装

ディスクは取り付けてから制動面を研磨します

これからディスク面の研磨

気になる所に手直しが入り仕上りがかなり遅れている

少しは形が見えてきたLemans 1000

なんとなく形に、でもまだデスク装着なし・・ボトムケースは借り物状態。

なんとかもう少し仕上げたい・・・

 

6月5日現在進行中

ライト・FFボトムケース・ディスク・ハンドル廻り・セルスターター・Rフェンダーなど組付が終わる・・

 

組付が終わる・・又少しバイクらしくなる。

組んだ後でホイルベアリング不良が発覚・・組み直し

 

ハンドル周りは最終型に!

Bマスター・Cレバー・ハンドル幅延長・スイッチ・スロットル・バーエンドウエイトなど

改善パーツを装着

①操縦安定性に貢献する広くなったハンドル幅・・これで振られ難くなる。

元々ライト周りがステムより遠く重い為
ハンドル幅の狭い初期型はコーナーのウネリやギャップで良くハンドルが揺れた・・

②バランサー付バーエンド

幅も広くなり振動も軽減されかなり疲れなくなる。

③純正新型クラッチレバー・レバーホルダーSet

レバー比の改善でクラッチ操作も位置も理想的になり軽くなる。

④ハンドルスイッチも後期型に交換

スイッチの配列もよくなり左集中型で使いやすくなる

 

これだけでも初期型はかなり使い易く乗りやすくなる。

 

後期型スイッチ・バーエンド組付、クリップは国産

後期型マスター・スロットルボディ

 

次回は電装系・車体周りの予定です

6月8日

ハンドル周り 配線コネクターの取付

左右のスイッチ配列が違うのでコネクター配列を総入れ替えです。

向かって左からRスイッチ・中央メーター・右は左スイッチ

配線連結完了

メータ付けて・・

マフラー付けて・・

外装つけて・・とやってたら

いつの間にかほぼ完成の域になってた・・

車体も完成

Lemans1000 いい仕上がり

 

 

 

                                

1 2 3 4 5 6 7 8