VITALSPIRIT

INFO 車両

LemansⅡ 只今分解中~!

2021.05.22

只今、仕上げ中のLemansⅡ

走行距離も少なくあまり改造もされていません・・これは救いです。

これから分解・点検の状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この型はLemansⅠタイプに変更されているものがほとんどでLemnasⅡの原型を留めている物はかなり貴重です。

ここはやはりLemansⅡで仕上げる事に、タイプ1にはすぐ変更出来るしね!

 

 

 

 

カウルを外して見ると埃はすごいが痛みや変な加工も無いのは嬉しい・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前後のアクスルシャフトは錆が酷い、メッキです。勿論ハードクローム!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェネレーター配線カバーはボロボロ、これも新品に交換。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウルは修正痕も無く奇麗!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッックミラーステーこれは頂けないカッコ悪い!交換です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論左側も同じ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイル塗装は最強塗装の「RXコート」指定

 

塗装前の状態これから奇麗に復活・・です。

 

 

 

 

 

 

 

 

分解しながら各部の痛み追加加工・不足パーツの洗い出しをしていきます。

もちろんブレーキキャリパーのO/H・ステンメッシュホース化必須ですがね・・

フレーム・前後ホイルは痛みが酷いので即塗装屋直行です。

これは勿論、超ハードのRX塗装(お馴染みSpl塗装屋さんの「メタルコートランナー」)です!

 

 

 

取り敢えずフレーム外してE/G降ろし点検します・・

 

LemansⅠが良いか?LemasⅡにすべきか・・

2021.05.02

今月の中古車・・・LemansⅡ 1980MODEL

走行距離15800Km 車体はかなりクタビレて欠品パーツも多い、フレームも腐食や錆が多い。

LemansⅡ 1980MODEL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから分解、フルオーバーホール

いっその事・・LemansⅠスタイルにしよう~なんて思ったり・・

でもやっぱりLemansⅡ!これはこれでかなり希少な車体・・

ここはやっぱり拘ってLemansⅡ、本来の姿に戻してやるのが良いのかな・・とチョット迷ってます。

 

シートは痛みも無く奇麗・・

タンクも当時の塗装が生きている・・

後ろ姿もLemansⅡらしさが見える

 

 

 

 

 

 

 

良くも悪くもLeⅡのメーターパネルが健在

ノーマルパーツであることが救い!全部再生ですね

これぞLeⅡ!のカウル

ボトムケースも色落ちが酷い

メインスタンドも錆びだらけ

スングアーム・デイスクも錆が酷い・・・

エンジンは健在

インナーパイプは腐食が酷い・・

ウインカースイッチが壊れてる

リヤサスは生きてるので奇麗に再生

キャブもスターターも再生ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LemnasⅢ 仕上がりました。

2021.04.16

LemansⅢ 完全復活

 

車体廻りが終り最終仕上げ段階のLemansⅢ、 キャブ・リヤサス・不足パーツの追加等・・。

キャブもパッキン・各パーツを交換、組み上げ中

各パーツもメッキで復活シャキッとします

チェンジリンクシャフトも錆が酷かったので再メッキで奇麗に・・

 

 

 

 

 

 

ほとんど組みあがった姿、これから最終調整・・

 

 

 

 

 

 

 

 

組付けも終わりエンジンを掛けて調整、これからが意外に手ごわいのです・・

試乗を重ねる都度に再調整、各部がコナレてくるまで少し時間が必要です。

試乗も終えてこれから車検

意外にも後ろ姿が凛々しいのです

欠品パーツも無く新車当時の車体を思い出します

独特のメーターパネル、スーパースポーツでも無いのにタコメーターがメイン・・照れるね。

キャブもほとんどのパーツを入替・・セッティング完璧、エンジンは最高の状態

すべてに手が入った車体はシャキッとした姿になる

 

 

完成したLemansⅢ、後は納車を待つのみ・・・走りこんで再調整をして完了です。

早く新しいオーナーの元で走る姿を見たいものです。

 

独り言

重いフライホイルでノーマル状態のLemansⅢ・・当時の俺には初めてのまったく次元の違う乗り物だっだ。

重心が高く重いエンジン・強烈な低速トルクと鈍い加速、腰高で自由度の無いポジション・・思い通りにコントロール出来ないバランスの悪い操縦性・・・加速・減速・ブレーキング・コーナリング、すべてが扱いにくい・・・。

結局今まで培ってきたライディングスタイルを捨て初心になってLemansに逆らわずにリズムを合わせてみる・・・何となく違うスタイルのライディング見えてくる・・面白い世界がある。

 

こんな体験を新オーナーはどう消化して立ち向かっていくのか・・楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 14